ダイエットに効果期待大!知って得する乳酸菌

乳酸菌ダイエットが最近ブームになっています。当サイトでは乳酸菌ダイエットのやり方から仕組みまで丁寧に解説していくサイトです。

*

ダイエットには腸内環境が大事!キレイにするためにやるべき事とは?

   

00f9b1e9b4676aacb310b6fec66dabeb_s

ダイエットをするには腸内環境が大事です。

腸内環境をよくすると健康的になるイメージがありますね、例えば腸内のたまっていた老廃物をだすのは健康にいいことです。
健康にいいだけでなくて痩せ体質になるということでダイエットとしても期待されています。

なぜ痩せ体質になるかというと腸の働きが活発になると基礎代謝があるからんですね。

腸内には善玉菌と悪玉菌がありますが名前のとおり善玉菌は腸内の環境を良くする菌で悪玉菌は腸内の環境を悪くする菌で、それぞれば腸内に生息しています。

悪玉菌が増えると下痢や便秘の原因になるので悪玉菌を減らし善玉菌を増やす必要があります。

ヨーグルトをたべよう

善玉菌を増やすのに簡単な方法は定期的にヨーグルトを食べることです。
毎日の朝ごはんのデザートとして食べてみると続けやすいでしょう。
便秘や下痢をよくする人は腸内の悪玉菌の数が多くなって腸内環境を悪くなっている証拠だからです。

よくする人はそれが当たり前になってしまって慣れてしまっています。
そういう人は自分の食生活から改めるのが大事です。

 

野菜中心の食事に変えよう

食生活が肉中心の人は魚や野菜中心の食事に変えるといいでしょう。
肉も食べ過ぎなければ体に良い食べ物なので肉が好きで食べたいという人は毎日ではなくて週1ぐらいで食べるか毎日の肉の量を減らしてたべるかにしたほうがいいです。
スナック菓子等の食べ過ぎも要注意です。
体質にもよりますが食生活を変えるだけで便秘や下痢は治すことができるのです。
先ほどいったヨーグルトは善玉菌を増やす働きがありますが善玉菌にエサをあたえて働きを活発にしてくれる食材があります。
食物繊維、オリゴ糖、海藻、きのこ、バナナ、はちみつ、青魚、オリーブオイルなどが最適な食材です。
善玉菌を増やす方法は知っている人が多いと思いますが善玉菌を元気にする方法は意外と知られていません。

これらをバランスよく食べて生活するのが大事なのです。

禁酒・禁煙しよう

お酒をよく飲んだりタバコをよく吸う人は悪玉菌を増やしてしまう要因となるので禁煙したほうがいいのです。

毎日吸っている人は難しいので本数を減らすなど小さいことから努力してみましょう。
お酒はたしなむ程度なら体にいいのですが飲みすぎは禁物です。多くとも週2回程度で少しの量にしておくといいでしょう。

定期的に運動しよう

定期的に体を動かすのも大事なので運動をするのも腸内環境を整えるのによいです。
運動というと激しい動きを創造するかもしれませんがウォーキングなど自分で出来る範囲の有酸素運動だけでも効果があります。
運動が好きでない人もウォーキングなら簡単なので継続できますね。
ただ5分や10分でやめてはあまり効果がないので一日1時間ぐらいが丁度いいのです。

 
これらのことを実践することによって腸内環境は大幅に改善されます。

 

運動や食生活などを見てみるとわかるように腸内環境をよくすることはダイエットにもいいとされていることにつながっていることがわかります。
健康的にダイエットしたいと考えている人には腸内環境を整えるのは優先するべきでしょう。
食べても太らない人はもともと腸内環境が良い人とも考えられます。
ただ暴飲暴食といったような食べ方をすれば誰だって腸内環境が悪くなるのでバランスのとれた食事や定期的な運動をして太らないということなのです。
毎日の生活を一日一日メモしておくといいです。

 

 - 腸内環境