ダイエットに効果期待大!知って得する乳酸菌

乳酸菌ダイエットが最近ブームになっています。当サイトでは乳酸菌ダイエットのやり方から仕組みまで丁寧に解説していくサイトです。

*

乳酸菌について

近年、腸と健康との関係において腸内環境や腸内フローラという健湖上の事柄がクローズアップされています。

腸は栄養の消化・吸収の他にも、体の浄化作用や体の免疫力を支えている大切な器官で、人の免疫活性に関しては、凡そ7割程度が腸であるといわれています。

体の不調や風邪、その他の症状で肌の荒れやニキビ、更には体臭や口臭、便秘や下痢などにも影響しているとされています。

ところで、消化吸収器官の中枢ともいわれる腸内には数多くの細菌が住んでおり、其の最近も善玉菌から所謂、悪玉菌というのも同時に住んでいて、合わせてその数は1000兆個ともいわれ、人間の細胞に匹敵する菌が生息しているといわれます。

そして、善玉菌の代表といわれる乳酸菌は、腸などの消化吸収管(腸内細菌)に常時存在していて、他の病原性微生物から身体を守り、常に健体維持に役立っていると考えられています。

これ等の腸の運動効果や体調というものは、腸内環境や腸内フローラに左右されているとされ、更に、所謂、乳酸菌のような善玉菌と大腸菌のような悪玉菌の相互依存というか割合、バランスが悪いと、身体に色々な弊害が現れるのです。

ただ、大腸菌は悪玉菌といわれますが、一概には言えないところもあり、大腸菌は要らない菌なのかと問われると、それは違うようで、大腸菌にも数多くの種類があり、その悪玉の代表とされるのが有名なO―157であり157番目の大腸菌ということなのです。

又、善玉である乳酸菌の代表がビフィズス菌やラクトバチルス等とも言われています。

腸内環境の改善に善玉菌の食品の必要性

近年では慢性皮膚炎やアレルギー疾患等で悩んでいる多くの人々おられるようですが、此等の人々の殆どは腸内環境が異常をきたしていて、所謂、便秘であったり下痢気味で合ったりと、所謂、体調や腹の調子が悪かったりして、其の原因として言われるのが腸内のトラブルに悩んでいる人が多いと言われます。

こうした腸内のトラブルの原因は、現代特有の食生活が悪影響をおよぼしているともされているのです。 現代の代表的なファーストフードやインスタント食品、油の濃いお菓子やパン類、其れに肉類の食べすぎなど、食生活も原因の一つとして挙げられているのです。

やはり、腸内に良いのは昔からの食品であり野菜や発酵食品などであり、特に、繊維質の食物などがよいとされ、其れに応じて腸内細菌である善玉菌が増やすことができるとされているのです。

食品の弊害で、腸内細菌の善玉菌が少なくなると、腸内環境が悪化して活性化されず、体調不良に陥るのです。

こうなると、当然ながら腸のメンテナンスが必要になってきます。
腸内環境のバランスを整えるためには食事としては、腸内の善玉菌を増やす為の代表的なものが乳酸菌やビフィズス菌、其れに納豆菌などが挙げられるのです。
更に、近年ではよく宣伝されている乳酸菌のサプリメントも必要に応じて接収すると良いとも言われています。

乳酸菌を摂るメリットとは

腸内細菌というのは善玉菌が良いに決まっていて、悪玉菌は人間にとってはいいことは一つもないとも言われています。

 

従って、腸内環境を整えて正常化させるのは、通常が野菜系や繊維質の食べ物になりますが、年齢とともにそれらの善玉の吸収も少なくなって、其の時には外部から補給するしかありません。

例えば、サプリメントと言われるもので、代表的なもので乳酸菌やオリゴ糖を摂取することになります。
腸内の環境を整えてくれる物質として最も有名で効果も高いものとして、乳酸菌やオリゴ糖、ビフィズス菌などがありますが、ただ、乳酸菌の種類によっては胃酸に溶けてしまい
腸まで行き渡らせることができないケースもあるようです。

 

其の時は、胃酸に強い乳酸菌を選ぶ必要もあり、其の時は自分の体調も考慮しながら摂取する必要もあります。
特に、乳酸菌サプリメントは、必要な成分がキチンと含まれていますので、効率的に摂取することができるでしょう。 しかし、此れも摂取量が大切で、サプリに記載されている摂取量をきちんと守って、自分の体調を考慮しながら活用するのが大事です。

公開日: